【KELTYミニ・ファニー レビュー】大きすぎず小さすぎないボディバッグ。

こんにちは。マーくん(@tottototo777)です。

 

大きなリュックやトートバッグなどを持ち歩きたくないけど、手ぶらで外出するのは嫌。そんなときに重宝するのがボディバッグ。肩からかけることができ、両手のあくボディバッグやショルダーバッグはとても便利です。

ただ、一口にボディバッグと言っても、デザインやサイズは様々。「どのバッグを買うか迷う」という方も多いと思います。

 

そこで、今回紹介するのがKELTYのボディバッグ「ミニ・ファニー」。

KELTYの「ミニ・ファニー」は、大きすぎず小さすぎない絶妙なサイズ感で、かつ、収納部分の多い機能性にも優れたボディバッグ。

この記事では、そんなKELTYの「ミニ・ファニー」をレビューしていきます。

KELTY(ケルティ)とは

KELTY(ケルティ)とは、1952年に南カリフォルニアで生まれたバッグブランド。

 

ケルティのバッグには、ウエストベルトが装備されたり背部をテンションさせるなど、いくつかの共通点がありますが、これは創業者のディック・ケルティが50年以上前に発明したものが今でも残っているものです。

 

[voice icon=”https://pbs.twimg.com/profile_images/1047973226456866817/cGqbkorG_400x400.jpg” name=”マーくん” type=”l”]ボディバッグだけでなく、リュックやトートバッグなど、数多くのバッグを展開するブランド。[/voice]

 

KELTYミニ・ファニーの外観

KELTY「ミニ・ファニー」の外観をみていきます。

 

ミニ・ファニーを正面からみるとこのようになっており、シンプルながらも大きいロゴで可愛さがあります。

チャックが2つあることが地味に助かります。そして、チャックには「KELTY」のさりげない文字。

ミニ・ファニーを上からみると、こんな感じ。

 

ミニ・ファニーの特徴は、両サイドに小さなポケットがついているということ。(詳しくは、収納のところで書いているので、下にスクロールしてください。)

バッグの左側はこちら。

右側はこちら。

 

ミニ・ファニーの背面はこのようになっており、収納スペースなどはありません。

 

ミニ・ファニーの肩紐は、幅広で背負っていても肩が痛くなりにくいのが特徴。幅は5cm。

肩紐の長さは調節箇所が2つあるので、自分の思った通りの紐の長さにすることができます。

このバックルの大きさも特徴的。しっかりと、こだわってバッグを作っていることがわかります。

 

素材はCORDURAを使用

ミニ・ファニーの生地素材は、CORDURAを使用しています。

 

[box class=”white_box”]コーデュラとは、インビスタ社のブランドで、「ナイロンの7倍の強度をもつ耐久性に優れた繊維」といわれています。[/box]

 

このCORDURAのタグのついたバッグを見かけることが、たまにあると思います。丈夫なつくりで、信頼できるバッグである証。メッセンジャーバッグで有名な、Manhattan Portageも、こちらの素材を使用しています。

[kanren2 postid=”954″]

 

KELTYミニ・ファニーの収納

KELTY「ミニ・ファニー」は、機能面に優れており、収納部分が多いことが特徴です。

まずはメインの収納部分。メインの収納部分を開けると、中にはいくつかの仕切りがあります。

かなり物を小分けして入れることができるので、別でポーチなどを持つ必要がなく、とても便利です。

下はバッグ本体としっかり縫い付けられているので、ポケットは安定しています。

 

また、メイン収納には、このような紐がついています。

鍵など、大切なものを落とすことがなくなるので、ものをよく無くしてしまうという方にもおすすめのバッグ。

 

バッグ両サイドに、小さなポケット

外観のところでも紹介しましたが、ミニ・ファニーには、両サイドに小さなポケットがついています。

大きさはかなり小さめで、指の第2関節までが入るくらい。

小さいサイズのポケットなので、小銭入れなどとして活用することができます。

[voice icon=”https://pbs.twimg.com/profile_images/1047973226456866817/cGqbkorG_400x400.jpg” name=”マーくん” type=”l”]片方は小銭、もう片方は鍵。という感じで使うことができ、とっても便利。[/voice]

 

KELTYミニ・ファニーの大きさ

KELTY「ミニ・ファニー」は、「タテ約15cm×ヨコ約32cm×マチ約10cm」という大きさ。

 

前掛けで背負ってみるとこのような感じになります。

後ろ掛けで背負ってみると、こんな感じ。

[voice icon=”https://pbs.twimg.com/profile_images/1047973226456866817/cGqbkorG_400x400.jpg” name=”マーくん” type=”l”]大きすぎないけど、小さすぎないという、ベストなサイズ感。[/voice]

 

「もう少し小さいサイズ感が良い」という方は、同じデザインのミニミニ・ファニーがあるので、そちらをおすすめします。

 

KELTYミニ・ファニーは豊富なカラーバリエーション

KELTY「ミニ・ファニー」は、全部で8種類と、豊富なカラーバリエーションがあります。

 

[voice icon=”https://pbs.twimg.com/profile_images/1047973226456866817/cGqbkorG_400x400.jpg” name=”マーくん” type=”l”]僕が持っているのは、ブラック。[/voice]

 

考える用途や、つくりたい雰囲気によって、豊富なバリエーションから色を選ぶことができるのは魅力的です。

 

KELTYミニ・ファニー レビューまとめ

この記事では、KELTYのボディバッグ「ミニ・ファニー」をレビューしました。

 

大きめのKELTYのロゴが入ったかわいいデザインでありながら、収納部分の多い、機能性にも優れたボディバッグ。特に、両サイドの小さいポケットは便利だなと感じます。

 

他にポーチなどを持たずに、これ1つでお出かけができるボディバッグ。気になる方は、ぜひ手に取ってみてください。

以上、マーくん(@tottototo777)でした。

[kanren2 postid=”954,2063″]

タイトルとURLをコピーしました