【HAGLOFS TIGHT LARGEレビュー】人と被らないスマートなおすすめリュック

こんにちは。黒リュックが大好きなマーくん(@tottototo777)です。

 

大学生の僕は、リュック通学をしているのですが、電車や学校でリュックがかぶることってたまにありますよね。

マーくん
なんとも言えない恥ずかしさがあります。。

 

なので、「周りと被らないリュックが欲しい」ということをずっと思っていました。

 

そんな時に見つけたHAGLOFSの「TIGHT LARGE」。

「このリュックを持っている人みたことない!」と一目惚れをし、即購入しました。

 

そこでこの記事では、周りと被らないおすすめな「TIGHT LARGE」をレビューしていきたいと思います。

 

HAGLOFS(ホグロフス)とは

ホグロフスとは、1914年にスウェーデンにて創られたアウトドア用品メーカーで、ハイパフォーマンスなバックパックやウェアを世に送り出しています。

この「H」のロゴが特徴的で可愛いです。

 

HPから、「製品へのこだわり」を持っているブランドであることがわかります。

ブランドを支えるのは、一世紀以上にも及ぶ歴史の中で培われてきた確かな技術力と、数多くの冒険家やアウトドアアスリートからの評価を積み上げてきた信頼性です。アウトドアの専門家たちが、世界各地のフィールドから持ち帰るフィードバックは、ホグロフスの製品をより良質なものへと磨き上げてきました。
また、北欧らしい洗練されたデザインと独特の色使いも魅力の一つ。アウトドアフィールドではもちろん、フィールドを選ばず着られるライフスタイルウエアとしても人気を集めています。

引用:https://haglofs.jp/?ref=hd

 

HAGLOFS TIGHT LARGEの外観

では「TIGHT LARGE」のレビューをこれからしていきます。まずは外見から。

 

TIGHT LARGE」は名の通り、「高さ50cm・幅40cm・マチ19cm」と細長いスマートな作りになっています。

 

マーくん
ぼてっとした重たい感じがなく、超スマートなデザイン。

 

背中の部分は作りがしっかり

背中の部分は作りがしっかりしています。

赤の四角で囲っている部分が硬めの素材になっており、安定感を持って背負うことができます。

 

また、上の部分はこのように凹凸になっています。

この凹凸があるおかげで、背中に密着せず軽いスペースが生まれます。

 

マーくん
背中の汗が気になる夏場でも安心。

 

上の部分に入っている「TIGHT」の文字もさりげなく、可愛いですね。

 

しっかりとしたベルト

背負う部分のベルトは7cmほどの幅があり、しっかりとした作りとなっています。

重たいものをリュックの中に入れる時でも、安心して持ち運びをすることができます。

 

実際に背負ってみると、こんな感じで右肩の部分に「H」のロゴが来るようになっています。

前から見たときでもちょっとしたアクセントになるところが可愛いです。

 

サイドポケットはついていない

横から見るとこんな感じになっており、水筒などを入れることのできるサイドポケットはついていません。

ここは残念なポイントの1つかなと思います。

 

マーくん
サイドポケットが必須!という人には向いていないです。。

 

ですがその分、「スマートさ」を意識した作りとなっているののかなと思います。

 

HAGLOFS TIGHT LARGEの中身や大きさ

TIGHT LARGE」のリュックの中はとてもシンプルな作りになっています。

こんな感じ。

 

近くで見るとこんな感じで、中のポケットは1つだけです。

 

マーくん
シンプルだけど機能面では少し弱いという印象。

 

ポケットの数や機能面を重視する人は、ホグロフスのリュックでは、こちらの2つがおすすめかなと思います。

 

容量は約25L

ホグロフスの容量は約25Lとなっています。

 

わかりやすいように普段持ち運んでいるものを入れてみると、こんな感じになります。

中には、これだけのものを入れています。 

 

これだけのものを入れても、まだまだ余裕があるので、容量の面では問題は少ないのかなと思います。

 

広い入り口

チャックが下まで動くようになっていて、こんな感じでしっかり開くことができます。

ポケットの数が少ない分、しっかりと開くことができ、物の出し入れはとてもしやすいです。

 

 

HAGLOFS TIGHT LARGEの収納

TIGHT LARGE」は全体的に収納部分は少ないですが、外側に1つポケットがついています。

このポケットはリュックの縦の長さと同じくらいの大きさなので、しっかりとものを入れることができます。

 

マーくん
長財布や小説が余裕で入る大きさ。

 

ポケットは中と外の1つずつの合計2つです。少なく感じる人もいると思いますが、うまく使い分ければ十分なのかなと思います。

 

HAGLOFS TIGHT LARGEは4種のカラーバリエーション

TIGHT LARGE」は、全部で4種類のカラーバリエーションがあります。

 

こちらの「ブラック・ブルー・レッド・グレー」の4種類。

 

マーくん
好みや普段の洋服に合わせて色を選ぶことができるのは魅力的。

 

 

HAGLOFS TIGHT LARGEレビューまとめ

この記事ではHAGLOFSの「TIGHT LARGE」をレビューしました。

 

見た目も中身もシンプルで、スリムな作りのリュックとなっています。

 

また、1年間このリュックを使っていて、街中で同じリュックを背負っている人をまだ見たことがないので、周りと被らないリュックが欲しい方に特におすすめです。

 

気になる方は、ぜひ手に取ってみてください。

 

【GREGORYカバートミッションデイ レビュー 】デザインから機能まで、とにかく最高のリュック。

7月 10, 2019

【大容量リュック】コロンビアの「トカト25Ⅱ」レビュー

7月 7, 2019

【THE NORTH FACE VAULTレビュー】見た目も機能性も抜群のおすすめリュック

1月 20, 2019