【SONY MDR-XB50BSレビュー】重低音好きにおすすめのワイヤレスイヤホン。

こんにちは。マーくんです。

 

僕は重低音のきいているイヤホンスピーカーで音楽を聴くのが大好きで、「低音をしっかり感じるか」ということを基準に、イヤホンやスピーカーを選んでいます。

 

先日、より重低音を感じるイヤホンで音楽を聴きたいと思い、SONYのワイヤレスイヤホン「MDR-XB50BS」を購入しました。

こちらのは、かなり重低音を感じ、またSONYのワイヤレスイヤホンの中では、お手頃な価格の優れもの。そんなMDR-XB50BSをこの記事でレビューしていきたいと思います。

SONY MDR-XB50BSの外観や付属品

MDR-XB50BSの外観や付属品についてみていきます。

MDR-XB50BS完全ワイアレスではなく、両耳の聞く部分がワイアーで繋がれているBluetoothイヤホンとなっています。

 

右耳のイヤホンの外観はこのような感じで、電源ボタン・音量ボタン・Micro-USB充電ポートの3つがついています。

 

操作ボタンは右側に全て集まっており、左側のイヤホンにはボタンなどは何もついていません。

 

また、MDR-XB50BSは、アークサポーターがついていることが特徴的。こちらを耳の軟骨のところにひっかけて使うことで、イヤホンのズレを防止してくれます。

マーくん
ランニング中も安心して使用が可能。

 

付属品は複数サイズがある

MDR-XB50BSの付属品は、イヤーピースやアークサポーターなどがあり、いずれも複数サイズ付属されています。

 

イヤーピースは4つのサイズがあり、サイズによって色分けがされています。

アークサポーターはS・M・Lの3つのサイズがあります。


 

SONY MDR-XB50BSは重低音の効いた音質

僕もそうなのですが、イヤホンを買う上で、1番気になるのは音質という方は多いと思います。

マーくん
特に、ワイヤレスイヤホンだと、安いものを買うと音質が全然良くないということもしばしば。。

 

そんな中で、MDR-XB50BSは、EXTRA BASS(TM)soundが採用されており、圧倒的な量感の低音が正確なリズムで再現されています。

「BASS=重低音」という意味からもわかるように、とにかく低音が強いという印象です。

 

マーくん
ズッシリと、迫力ある音楽を楽しむことができます。

 

ただ、この重低音は「低音が強いのは苦手」という方にとっては、おそらく強すぎると感じてしまうと思います。

それだけ重低音をしっかりと感じることができるので、重低音好きの方には、特におすすめのワイヤレスイヤホンです。

 

SONY MDR-XB50BSのペアリング・操作方法

MDR-XB50BSは、操作ボタンが全て右耳に集約されており、全ての動作をシンプルに行うことができます。

MDR-XB50BSは、ワンタッチ(NFC)接続機能が搭載されており、ワンタッチでペアリング・Bluetooth接続・パワーON/OFFをすることができます。

 

ペアリング方法は下の通り。

1.音楽を再生する本体(スマートフォン)などのBluetoothをオンにする。

2.右端の電源ボタンを「パワーオン」と聞こえるまで2〜3秒長押しする。電源がつくと、青いランプが点滅します。

(iPhoneの場合)「設定」→「Bluetooth」から

「MDR-XB50BS」を選択すると、接続が完了します。

マーくん
とても簡単。

 

操作方法の一覧

MDR-XB50BSは右側のイヤホンで全ての操作ができるようになっています。

 

電源ボタン・プラスボタン・マイナスボタン、それぞれの操作方法をまとめると下の通り。

「電源ボタン」

電源オン/オフ・一時停止/再生・発信/通話終了

「プラスボタン」

音量上げる・次の曲再生(長押し)

「マイナスボタン」

音量下げる・曲の最初に戻る(長押し)・前の曲再生(もう1度長押し)

 

これらの操作をボタン3つですることができます。操作が簡単ということも魅力の1つです。

 

SONY MDR-XB50BSのフィット感

ワイヤレスイヤホンにおいて、耳のフィット感もとても重要です。そして、MDR-XB50BSのフィット感はかなり高いと感じます。

 

フィット感が高いと感じる理由として、アークサポーターの存在が大きいと思います。

 

これを耳の軟骨にかけているおかげで、ランニング中などでも、ずれたり落ちたりすることはほとんどありません。スポーツ中でも安心して使うことができます。(防滴対応もあるので、汗をかいても安心。)

 

マーくん
ただ、長時間かけておくと少し耳が痛くなってくるので、そこだけ注意が必要。

 

また、MDR-XB50BSのイヤーピースは、通常のハイブリッドイヤーピースよりも耳との接地面積が約30%広い「ハイブリッドイヤーピースロング」が使われています。

このハイブリッドイヤーピースロングのおかげで、高いフィット感で音楽を楽しむことができます。

 

アークサポーター・ハイブリッドイヤーピースロングの2つによって、高いフィット感を感じることができます。

 

SONY MDR-XB50BSは3つのカラーバリエーション

MDR-XB50BSはブラック・レッド・ブルー、3つのカラーバリエーションがあります。

 

レッド、ブルーは明るめのカラーとなっており、カラフルなものが好きという方にもおすすめのイヤホンです。

 

レビューまとめ

この記事ではSONYのワイヤレスイヤホンMDR-XB50BSのレビューをしました。

 

EXTRA BASSが採用されていることもあり、重低音の音楽を正確なリズムで楽しむことができます。

また、アークサポーターやハイブリッドイヤーピースロングで、高いフィット感があることも特徴です。

 

他のSONY Bluetoothイヤホンよりも比較的安価で、手を出しやすいイヤホンということも魅力。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

以上、マーくん(@tottototo777)でした。

【JBL GO2レビュー】コスパ良しのコンパクト防水スピーカーが最高すぎる。

11月 5, 2019

【M-SOUNDS MS-TW2Pレビュー】1万円以下のおすすめ完全ワイヤレスイヤホン。

8月 16, 2019

【TT-SK09レビュー】TaoTronicsのコスパ最強防水スピーカー。

8月 1, 2019