革文房具好きによるトラベラーズノートレビュー【毎日持ち歩く楽しさ】

「毎日持ち歩いて、ふとしたときに気づいたことを書く」。

そんな毎日の気づきを留めておくのに最適なノート。それがトラベラーズノートです。

使い込むほど風合いを感じる牛本革のカバーと、書きやすさにこだわったノートリフィルを組み合わせて使うトラベラーズノート

この記事では、毎日持ち歩いて何かを書きたくなるような、トラベラーズノートのレビューをしていきます。

トラベラーズノートとは

トラベラーズファクトリーによって、2006年につくられたトラベラーズノート。

 

牛本革のカバーと、中のノートリフィルを組み合わせることで、ノートとして使うことができます。

使い込むほどに味と風合いが高まる牛革素材のカバーと、書きやすさにこだわったオリジナルの筆記用紙を使ったシンプルなノートリフィル。その2つが組み合わさることにより、手にとって旅に出たくなるようなノートを目指しました。

出典:https://www.tfa-onlineshop.com/SHOP/108192/list.html

トラベラーズノート=旅人のノート。名前の通り、毎日持ち歩きたくなる、手にとって旅に出たくなるようなノートです。

 

また、トラベラーズノートの魅力は、自分の好きなように、自由にノートをカスタマイズすることができるということ。

ノートのサイズやカラー、リフィルの形式、そのほかの装飾など、様々なパターンにノートをカスタマイズすることができます。

 

自分の好きなようにカスタマイズすることで、ノートを持ち歩くことがより楽しくなります。

お気に入りの形を探してみてください。

 

トラベラーズノートレギュラーサイズの外観

この記事でレビューするのは、トラベラーズノートのレギュラーサイズ。まずは外観からみていきます。

 

おもて面はこのような感じ。シンプルなデザインだからこそ、革の風合いを存分に感じます。

うら面はこのような感じ。

うら面左下には、「TRAVELER’S notebook」の文字が入っています。

 

広げてみるとこのような感じで、とてもシンプルなデザインであることがわかります。

 

トラベラーズノートには、このようにゴムバンドがついており、持ち運びに適したつくりとなっています。

 

カバー内側も、革の良さを感じるシンプルなデザイン。

 

カバーは牛本革を使用

トラベラーズノートのノートカバーは、タンニンなめしの牛本革が使用されています。

タンニンなめしの革は、硬さや重さがあり加工しにくく傷などが目立ちやすいことや、コストが高いなどのデメリットがあるいっぽうで、使うほどに味が出て美しく経年変化していくという革本来の魅力を持っています。

出典:https://www.tfa-onlineshop.com/SHOP/108192/list.html

 

僕はトラベラーズノートを使い始めて半年ほどがたちます。

半年前は、サラサラと表面には白い粉があり新しさを感じたのですが、今ではそれが落ち着き、少しづつ革の風合いを感じるようになってきています。

 

毎日の持ち運びに加えて、革の経年変化を楽しむことができるということも、トラベラーズノートの大きな魅力です。

 

僕がしている「カスタマイズ」

僕は、「レギュラーサイズ・カラーは茶・無地のノートリフィル」でトラベラーズノートを使用しています。

 

トラベラーズノートのノートリフィルは「紙へのこだわり」が追求されており、サラサラとどのような状況でも書きやすいつくりになっています。

インクのにじみ具合、乾きやすさ、裏抜けがないか、さらに、すべり具合、ひっかかり具合といった書き味や風合いまで、さまざまな項目をいろいろな筆記具で検査します。そうやって厳しい検査基準をクリアした紙だけが出荷され、みなさんの想いやアイデアを書き留められるためのトラベラーズノートの中紙になります。

出典:https://www.tfa-onlineshop.com/SHOP/108192/list.html

 

さらに僕は、別売りの「ペンホルダー」を使用しています。

このペンホルダーを組み合わせることで、筆箱を持ち運ぶ必要がなくなり、ノート1冊をカバンに入れるだけでの持ち運びが可能となります。

【巻く筆箱】ビジネスレザーファクトリーのマルチソートケースをレビュー。

8月 15, 2019

 

まとめると、僕は「レギュラーサイズの茶カバー・無地のノートリフィル・ペンホルダー」でトラベラーズノートを使用しています。

パスポートサイズ手帳タイプのリフィルものを入れれるジッパーなど多くのカスタマイズがあるので、好みの組み合わせでトラベラーズノートを楽しんでください。

 

トラベラーズノートレギュラーサイズの大きさ

トラベラーズノートのレギュラーサイズは、一般的なA5サイズの幅を少しスリムにした、A5スリムサイズ。

手に持ちやすく、カバンにも入れやすい、けどたっぷり書くこともできる。そんなサイズ感です。

 

一般的な大学ノートの大きさの、B5サイズと比べてみるとこのような感じ。

EndMark本革ノートカバー レビュー【毎日の書く、持ち運ぶを少し楽しく】

8月 12, 2019

 

とてもコンパクトなサイズ感で、「旅に適した」ノート。

 

レギュラーサイズのカラーは4色

トラベラーズノートのレギュラーサイズのカバーは、「黒・茶・キャメル・ブルー」の4色のカラーバリエーションがあります。

 

マーくん
この記事で紹介しているのは「茶」。

 

それぞれのカラーで、それぞれの経年変化を楽しむことができます。

革が変化していく未来を想像しながら、お気に入りのカラーを探してみてください。

 

レビューまとめ:革の風合いが最高の「持ち歩きたくなる」ノート

この記事では、レギュラーサイズのトラベラーズノートについてレビューしました。

 

コンパクトでシンプルなデザイン・経年変化を楽しめる牛本革のカバー・たくさんのパターンがあるカスタマイズ。トラベラーズノートの良さについて、色々な面から伝えることができたかなと思います。

そして、その良さ全てから「持ち歩き、旅に出たくなる」、そんな気持ちを起こしてくれます。

 

持っているだけで楽しくなるトラベラーズノート

気になる方は、ぜひチェックしてみてください。以上、マーくん(@tottototo777)でした。

EndMark本革ノートカバー レビュー【毎日の書く、持ち運ぶを少し楽しく】

8月 12, 2019

【巻く筆箱】ビジネスレザーファクトリーのマルチソートケースをレビュー。

8月 15, 2019

牛本革のMacBook対応PCケースが最高すぎたのでレビュー【Amazon5000円代】

8月 22, 2019

【レビュー】革の質感が最高な「L.E.D BITES」のビジネスリュック。

7月 27, 2019