【メンズ】安くて厚手のTシャツならHanesの「BEEFY」がおすすめ

こんにちは。マーくん(@tottototo777)です。

 

暑くなってくると、Tシャツとパンツとサダルといったラフなファッションが増えてきます。

 

そんな季節に何枚でも欲しくなるTシャツ。そして男にとって、結構大切なのが「Tシャツの透け感」

 

厚すぎる生地だと汗をかいて気持ちが悪いし、薄すぎると安っぽいし透けてしまう。そういった意味ではTシャツ選びは意外と難しいですよね。

 

そこで、この記事で紹介するのがHanesの「BEEFY」というTシャツ。

 

BEEFY」は1枚1000円代で買うことができるという圧倒的な安さに加え、生地も厚くしっかりとした作りとなっているTシャツ。この「BEEFY」のTシャツについてみていきます。

 

Hanes(ヘインズ)とは

ヘインズは、1901年にアメリカで誕生した「コンフォート(快適さ)」を最も大切なコンセプトとして、Tシャツやアンダーウェア等を展開しているブランド。

 

毎日着るものだからこそ、その素材や肌触り、シルエットや動きやすさにこだわりたい。快適な着心地を追求するヘインズは数々の厳しい条件を満たす製品作りに取り組んでいます。そして、いつも身近で親しみやすい存在でありたい。ベーシックなそのスタイルは気がつくといつもさりげなくそばにいる。ヘインズはアンダーウェアからカジュアルウェアまで身近で親しみやすいブランドとして、数多くのファンとともに歩み続けています。

引用:http://www.hanes.jp/

 

このHanesのパックTシャツはとても有名で、持っている方知っている方は、結構いるのではないかなと思います。

 

マーくん
「高品質の製品を低価格で展開している」、そんなブランドです。

 

HanesのBEEFYとは

では、Hanesの中でも「BEEFY」がどのような立ち位置をしているのかをみていきます。

 

1975年にヘインズを代表する商品の一つであるBEEFY-T®は誕生しました。当時はヒッピー文化の象徴でもあるプリントTシャツのボディとして開発され、これをきっかけにアウターとしてのTシャツが世の中に定着しました。
BEEFY-T®はその名の通り、丈夫で洗えば洗うほど肌に馴染む独自の風合いが特長のTシャツです。

引用:http://www.hanes.jp/products/beefy-t/

 

「アウターとしてのTシャツを世の中に定着させたブランド」。そう聞くと、とても偉大な存在であることがわかります。

 

BEEFYのTシャツの特徴

次に「BEEFY」のTシャツの特徴をみていきます。

 

実際に、僕がこのTシャツを着てみて感じた特徴は3つあります。

BEEFYの特徴
・タフで丈夫なつくり

・快適な着心地

・しっかりした襟元

 

この3つの視点から「BEEFY」のTシャツをみていきます。

 

タフで丈夫なつくり

BEEFY」の1番大きな特徴は、タフで丈夫なつくりであるということ。

 

「本当に1000円代のTシャツ?」と疑いたくなるほどに、生地が厚く丈夫なつくりです。

 

「シャツ1枚では透けるのが怖い」という方にも、本当におすすめのTシャツです。

 

快適な着心地

BEEFY」は「厚いから、暑苦しさを感じる」ということも、僕はありません。

 

生地はコットン100%で、肌触りもよく、快適な着心地を維持することができます。

 

また、「洗えば洗うほど肌に馴染み、風合いが出る」というような特徴もあり、長く、自分らしく着こなすことのできるTシャツです。

 

しっかりした襟元

写真の通り「BEEFY」の襟元は幅が広く、しっかりとしたつくりになっています。

 

他のHanesのTシャツと比べてみるとその差は歴然。

実際に着てみても、首元がしまり、安心感があります。

 

BEEFYのサイズ感

BEEFY」のサイズ感は、「少し大きめのサイズ感」かなと思います。

 

詳しくは、こちらのサイズ表をご覧ください。

 

ちなみに身長167cmの僕は、日本規格のMサイズを購入し、このように少し大きめのサイズ感で着ています。

 

マーくん
自分のしたいスタイルに合わせて、サイズを選んでみてください。

 

 

まとめ

この記事では、HanesのTシャツの「BEEFY」を紹介しました。

 

しっかりとしたつくりでありながら、1枚1000円代で買うことのできる最強のTシャツ。

 

夏に1枚持っていて損はないのかなと思います。

 

気になる方はぜひ手に取ってみてください。以上、マーくん(@tottototo777)でした。