MacBookのうるさいバタフライキーボードの音にELECOMのカバーがおすすめ。

こんにちは。MacBookの12インチを愛用しているマーくんです。

 

先日、カフェでカタカタとMacBookで作業をしていたのですが、横の人がチラチラと僕の方を見てきます。

「なんだろな〜。」と思っていると、横の人がスッと耳栓をしました。

[voice icon=”https://pbs.twimg.com/profile_images/1047973226456866817/cGqbkorG_400x400.jpg” name=”マーくん” type=”l”]あ、タイピングの音がうるさかったんだ。。[/voice]

耳栓をされて、自分のタイピングの音がうるさかったことに気がつきました。

 

MacBookに採用されている「バタフライキーボード」は、軽量で楽にタイピングができる反面、タイピングの音がかなりうるさいです。同じように感じている方、結構いると思います。

 

周りに迷惑をかけ続けるのはダメだと思い、すぐにこちらの「ELECOM MacBook用キーボードカバー」を購入しました。

 

このカバーは、気になっていたタイピングの音がかなり軽減され、また、ホコリなどからMacBook本体を守ってくれる優れものなので、とてもおすすめです。

そこで、この記事では「ELECOM MacBook用キーボードカバー」を、メリット・デメリットの観点から紹介していきます。

ELECOM MacBook用キーボードカバーとは

今回僕が購入した「ELECOM MacBook用キーボードカバー」はこちら。

 

実際にキーボードにつけてみると、このような感じになります。

 

素材はシリコン製で、肌触りが良いです。

 

このカバー自体はかなり薄いつくりとなっています。

なので、このようにカバーをつけたままパソコンを閉じても、厚みを感じることがありません。

[voice icon=”https://pbs.twimg.com/profile_images/1047973226456866817/cGqbkorG_400x400.jpg” name=”マーくん” type=”l”]シリコン製の薄いキーボードカバーです。[/voice]

 

MacBookにキーボードカバーをつける3つのメリット

ここからMacBookにキーボードカバーをつけるメリットについてみていきます。

 

僕が考える、MacBookにキーボードカバーをつけるメリットは下の3つです。

[box class=”white_box”]1.タイピングの音が軽減される

2.見た目がクールになる

3,ホコリの侵入を防ぐ[/box]

 

これらのメリットについて1つずつみていきます。

 

1.タイピングの音が軽減される

MacBookにキーボードカバーをつけるメリットの1つ目は「タイピングの音が軽減される」ということ。

 

MacBookのバタフライキーボードは、軽くて、面も広いのでとてもタイピングがしやすいのですが、とにかくタイピングの音がうるさいです。軽い分、「カチャカチャ」と音がします。

 

このタイピングの音って、自分ではあまり気にならなくても、周りの人からしたらかなり気になることだと思います。

 

[voice icon=”https://pbs.twimg.com/profile_images/1047973226456866817/cGqbkorG_400x400.jpg” name=”マーくん” type=”l”]知らないうちに迷惑をかけていた、ということもあると思います。[/voice]

 

そこで、キーボードカバーをつけてみると、このタイピングの音がかなり軽減されます。

 

この記事を読んでいる方は、バタフライキーボードの音がうるさいということに悩んでいる方が多いと思います。そんな方には、このELECOMのキーボードカバーはとてもおすすめです。

僕の周りのMacBookユーザーにもおすすめしているのですが、とても好評です。

 

タイピングの音が軽減し、自分も周りも、快適に作業をしましょう。

 

2.見た目がクールになる

MacBookにキーボードカバーをつけるメリットの2つ目は「見た目がクールになる」ということ。

 

キーボードカバーをつける前とつけた後で比較してみます。まずはつける前の写真。

続いて、つけた後の写真。

[voice icon=”https://pbs.twimg.com/profile_images/1047973226456866817/cGqbkorG_400x400.jpg” name=”マーくん” type=”l”]黒の部分が増え、クールな印象に。[/voice]

また、ELECOMのキーボードカバーはシリコン製の素材になっているので、マットな雰囲気になることも魅力です。

 

タイピングの音以外にも、「MacBookの雰囲気を変えたい」という方にもおすすめです。

 

3.ホコリの侵入を防ぐ

MacBookにキーボードカバーをつけるメリットの3つ目は「ホコリの侵入を防ぐ」ということ。

 

僕は、タイピングの音を軽減するためにキーボードカバーをつけているのですが、キーボードカバーの本来の目的は、ホコリの侵入を防ぐことです。

 

キーボードの隙間にホコリがたまることは、キーボードの故障の原因になります。

このカバーをつけることで、ホコリの侵入を防ぐことができるので、キーボードの故障の予防にもなるので安心です。

 

MacBookにキーボードカバーをつける3つのデメリット

ここから、MacBookにキーボードカバーをつけるデメリットについてみていきます。

 

僕が考える、MacBookにキーボードカバーをつけるデメリットは下の3つです。

[box class=”white_box”]1.ホコリがつきやすくなる

2.カバーがずれてしまう

3.タイピングが少ししづらくなる

[/box]

 

[box class=”pink_box”]これらのデメリットはELECOM製品のシリコン素材のキーボードカバーにおけるデメリットです。下では、代わりとなるキーボードカバーも紹介しているので、参考にしてみてください。[/box]

 

1.ホコリがつきやすくなる

MacBookにELECOMのキーボードカバーをつけるデメリットの1つ目は「ホコリがつきやすくなる」ということ。

 

ELECOMのキーボードカバーは素材がシリコン製となっており、ホコリがつきやすいです。

 

僕は、定期的にウェットティッシュでカバーを拭くことで対処しているのですが、ホコリがつくこと嫌に感じる方もいると思います。

 

【代わりはTPU素材のキーボードカバー】

このホコリがつくことへの、代わりのキーボードカバーは「TPU素材のキーボードカバー」です。

TPU素材とは、プラスチック素材の一種で、シリコン素材に比べホコリが付着しづらいという特徴があります。

 

ホコリが気になる方は、TPU素材のキーボードカバーを探してみてください。

 

2.カバーがずれてしまう

MacBookにELECOMのキーボードカバーをつけるデメリットの2つ目は「カバーが少しずれてしまう」ということ。

 

ELECOMのキーボードカバーは、裏にシールなどはついておらず、上からかぶせるようなカバーとなっており、手が少し当たってずれるということがあります。

裏はこのようになっており、テープなどで固定されていません。

 

【代わりは「moshiのキーボードカバー」】

キーボードカバーがずれてしまうことへの、代わりのキーボードカバーはmoshiというブランドのキーボードカバーです。

 

Amazonで売っているカバーの中で、少し高めの値段設定となっており、質が高いという印象です。

値段が高い分、フィット感が強い商品となっています。

 

3.タイピングが少ししづらくなる

MacBookにELECOMのキーボードカバーをつけるデメリットの3つ目は「タイピングが少ししづらくなる」ことです。

 

ELECOMのキーボードカバーは、シリコン素材なので、タイピングをしていると少し指が引っかかるような感覚があり、少しタイピングがしづらく感じるかもしれません。

 

ですが、これは「慣れの部分」が大きく、30分ほどカバーをつけてタイピングをしていると慣れると思います。ただ、最初は気になるかもしれないので注意が必要です。

 

【代わりはTPU素材のキーボードカバー】

シリコン素材のキーボードカバーには慣れると思いますが、念のため、代わりのカバーを紹介します。

 

タイピングが少ししづらくなることへの、代わりのキーボードカバーはホコリがつきにくいモノと同様「TPU素材のキーボードカバー」です。

TPU素材のキーボードカバーは、シリコン素材よりもサラサラとした触感なので、シリコンが気になる人はこちらのカバーをおすすめします。

 

 

まとめ

この記事ではELECOMのキーボードカバーを紹介し、キーボードカバーをつけるメリット・デメリットについても紹介しました。

 

少しデメリットもありますが、キーボードカバーをつけることで、タイピングの音が軽減され、ホコリの侵入予防になるので、とてもおすすめです。

キーボードカバーをつけて、快適なパソコンライフを送ってください。以上、マーくん(@tottototo777)でした。

[kanren2 postid=”1786]

タイトルとURLをコピーしました