【高級感ある多機能ボールペン】ZEBRAの「シャーボX CL5」をレビュー。

スマホやタブレットでほとんどのことをすることができる現代、「書く」という行為をする機会はどんどん減っていきます。

そんな時代だからこそ、僕は「書く」ということを大切にしていきたいという思いがあり、こだわりを持って文房具を選んでいます。

 

そんな文房具の中で、この記事で紹介するのは、ZEBRA(ゼブラ)のボールペン「シャーボX CL5」。

このシャーボX CL5は、1本5000円(Amazon価格で3200円程度)と、ボールペンとしてはかなり高めの値段ですが、それに相応しい「質感」と使い手のことをつくえて作られた「合理性」が備わった最高のボールペン。

レザー風で落ち着いた外観は所有欲を満たし、ビジネスシーンでも活躍する1本です。

この記事ではそんなZEBRA(ゼブラ)のボールペンシャーボX CL5のレビューをしていきます。


 

ZEBRA「シャーボX CL5」のスペック

まずは簡単にシャーボX CL5のスペックから。

スペックは以下の通りです。

[box class=”white_box”]

・替芯:3機能(ボールペンまたは入力ペン2本+シャープ)

・サイズ:軸径11.2×全長138.1mm

・重さ:22.1g

・本体カラー:全5色

・価格:5000円(税別)

[/box]

 

基本スペックとして、シャーボX CL5には3機能があります。シャープペンが1つと、ボールペン2つの3機能です。

また、本体カラーがも5色あり、数多くある替芯と合わせて購入することで、「自分だけのペン」として楽しむことができます。

 

ZEBRA「シャーボX CL5」の外観

シャーボX CL5の外観をみていきます。

 

シャーボX CL5は、レザー調の外観をした、シンプルでかっこいいデザインのボールペン。

 

購入時には、このようなしっかりとした箱に梱包されており、こういったところからもこだわりを持ってつくられていることを実感します。

 

本体は「レザー調」といいましたが、本革を使用している訳ではありません。

革ではなく剛性のある固い素材でつくられており、ガタつきなく安定してペンを持つことができます。

 

ペンの上軸はロータリーシステムで、出す芯のカラーを変えることができます。

下の写真のように、上軸を回転させると。

ペンのカラーを変えることができます。

 

シャーボX CL5を上下からのぞいてみると、このような感じ。

 

 

ZEBRA「シャーボX CL5」は簡単に芯の交換が可能

スペックのところでも説明しましたが、シャーボX CL5には、シャープペン1つとボールペン2つの3機能があります。

この芯の交換は簡単にすることができるので、さっとみていきます。

 

まずは上軸と下軸を繋いでいる真ん中のシルバーの部分を回します。

そうすると、本体と下軸を別にすることができます。

そして、中の替芯を外側へ引っ張ると、古い芯を取り外すことができます。

最後に別売りの替芯を古い芯があったところへ刺すと、芯の交換が完了です。

 

豊富なバリエーションの替芯

シャーボX CL5には、豊富なバリエーションの替芯があります。

 

例えば、シャープペン。シャープペンの芯の太さは「0.3mm・0.5mm・0.7mm」の3種類があります。

またボールペンには、0.5芯・0.7芯の「エマルジョンボールペン」と0.4芯・0.5芯・0.7芯の「ジェルボールペン」の2種類があり、さらにその中に最大9色のカラー展開があります。

 

[voice icon=”https://pbs.twimg.com/profile_images/1047973226456866817/cGqbkorG_400x400.jpg” name=”マーくん” type=”l”]本体カラーも合わせると、5万通りの中から自分だけの「オリジナル」をつくることができます。[/voice]

 

「本体はずっと、芯は定期的に交換」という使い方をすることで、長くペンを愛用することができます。

 

ZEBRA「シャーボX CL5」の良いところ・気になるところ

僕がシャーボX CL5を使い始めて約1年が経ちます。

1年間使ってみて感じる良いところは、以下の通り。

[box class=”white_box”]

良いところ:丈夫なつくりで、所有欲を満たしてくれる

気になるところ:少し重たい

[/box]

 

まずは良いところから。良いところは「丈夫なつくりで、所有欲を満たしてくれる」ということ。

やはり、「高級なペン」ということもあって、つくりはかなり丈夫。1年間使っていても劣化していると感じるポイントは1つもありません。

 

また、レザー調の落ち着いた外観は、所有欲を満たしてくれます。

手帳などを持ち歩く際にペンホルダーに刺していると、より良い存在へと引き立ててくれます。

[kanren2 postid=”8,3477″]

 

続いて気になるところ。気になるところは「ペン本体が少し重たい」ということ。

シャーボX CL5はしっかりとつくられているからこそ、本体が22.1gと、重みがあります。

[voice icon=”https://pbs.twimg.com/profile_images/1047973226456866817/cGqbkorG_400x400.jpg” name=”マーくん” type=”l”]1色の「サラサラかける」ようなペンと比べると、かなり重みを感じます。。[/voice]

 

だからこそ、長時間何かを書くというシーンにはあまり適しません。「手帳に予定を記入するとき」「大切なシーンで使うとき」のボールペンとして活用することをおすすめします。

 

レビューまとめ

ZEBRAのボールペン「シャーボX CL5」のレビューをしました。

 

1つ5000円と、しっかりとした高級感あるボールペンだからこそ、とてもかっこよく所有欲を満たしてくれる1本。

「ずっと使う大切なペン」として持っていると、色々なシーンで活躍し、長くパートナーとなるような存在だと思います。

 

この記事を読んで気になった方は、ぜひチェックしてみてください。以上、マーくん(@tottototo777))でした。

[kanren2 postid=”8″][kanren2 postid=”3477″][kanren2 postid=”3264″][kanren2 postid=”3084″]

タイトルとURLをコピーしました