【書評超訳ブッダの言葉】他人と比べて疲れてしまう人におすすめの本

こんにちは。マーくん(ttototo777)です。

 

僕は現在大学生なのですが、

よく「他人と比べること」で疲れてしまいます。

 

「他人と比べること」に疲れ、悩んでいた時に、

たまたま手に取った本「超訳 ブッダの言葉」が僕の人生を変えてくれました。

 

この記事では、僕の人生を変えてくれた本「超訳 ブッダの言葉」について紹介します。

created by Rinker
¥1,836 (2018/11/16 06:48:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

「超訳 ブッダの言葉」とは

超訳 ブッダの言葉」とは、

シンプルに切り詰められた、核心をズバッと突くブッダのメッセージを、小池龍之介さんがシンプルに編集し、まとめたものです。

 

見返しの部分には次のようなことが書かれています。

うっかり心が弱まって、くじけそうになってしまったとき、

すこぶるシンプルに切り詰められた核心を突くブッダのメッセージは、

凛々とした勇気を吹き込んでくれます。

「よし。もう一回、ゼロからフレッシュにやり直そうかな」と。

 

肩肘はいらない素直な心でページをめくってくださいますなら、

きっと毎回読むたびごとに新たな風が心に吹きわたり、

良き方向へと背中を押してくれることでしょう。

 

マーくん
とにかくシンプルに、人生をより良い方向へと向かわせてくれる1冊です。

 

created by Rinker
¥1,836 (2018/11/16 06:48:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

「超訳 ブッダの言葉」は12種類のテーマ

超訳 ブッダの言葉」には、

12種類のテーマ、190の言葉があり、

その全てがシンプルにまとめられています。

 

テーマとは

一 怒らない

二 比べない

三 求めない

四 業(カルマ)を変える

五 友を選ぶ

六 幸せ(ハピネス)を知る

七 自分を知る

八 身体(からだ)を見つめる

九 自由になる

十 慈悲を習う

十一 悟る

十二 死と向き合う

の12種類です。

 

この12種類のテーマに関連した、190の言葉がシンプルに並んでいます。

 

created by Rinker
¥1,836 (2018/11/16 06:48:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

「超訳 ブッダの言葉」内容紹介

ここから「超訳 ブッダの言葉」の内容を紹介したいと思います。

ただ、12のテーマ、190の言葉全てを紹介することは不可能です。。

 

なので、この記事では、

「他人と比較してしまう人」にとってより参考になる

「二 比べない」のテーマの5つの言葉を紹介します。

 

言葉①「誰々の」を忘れるハピネス

「この考えは僕のオリジナルさ」

「これはあの人の発想だ。負けたなぁ」

「これはあいつの意見だ。けなしてやろう」

これら「誰々の」という狭い見方をすると、君の心は、我他彼此(ガタピシ)と苦しくなる。

「自分の」。「他人の」。

このふたつを君が忘れ去ったなら、仮に何も持っていなくても、しあわせな心でいられるだろう。

 

人間はどうしても「誰々の」という考えで物事を判断してしまいます。

この見方では、心が円滑に、うまくいくことはありません。

 

マーくん
「誰々の」という発想がなくなると、自分・他人という狭い2つ以外の選択肢を得ることができるのですね。

 

言葉②他人からの評価による快不快は、しょせん幻

他人から批判されたりマイナス評価を受けたりしても、「どうせ自分なんて…」と、劣等感を刺激されてうろたえることのないように。

他人から褒められたり賞賛されたりしても、「やっぱり私って能力があるでしょう、やっとわかってくれた?」とばかりに、鼻持ちならぬ優越感を刺激されて傲慢になることのないように。

他者からの評価により生じる快・不快など、脳内で生み出される幻にすぎない。

ゆえに、褒められたいというケチな欲望を取り除き、貶されるのはいやだという怒りを取り除くこと。

 

他人からの評価で感情を動かされる人は多いはず。

特に、他人と比べてしまう人は、大きな劣等感を感じると思います。

でも、そこで生じる快・不快はしょせん幻なのです。

 

マーくん
「褒められても傲慢にならないように」ということも大切です。

 

言葉③人と張り合わない

褒めてもらえて、脳内に快感物質がビュンビュン放出されたとしても、その快楽は一瞬で終わる。つかのまの自慰のようなもの。心の安心感を得るには役立たない。

言い張ることの成果はしょせん、「いやがられること」と「褒められて自慰すること」のたった二つだけ。

この法則をわきまえて、人と張り合わないことこそが安らぎと知ったなら、言い合いなんかしないように。

 

他人と比べてしまう人って、心のどこかに「相手に勝ちたい」という思いもあるはず。

けど、この結果残るのって「いやがられること」と「褒められて自慰すること」の2つだけなんですね。

 

マーくん
人と張り合うことをやめ、安らかな心を手に入れましょう。

 

言葉④勝ち負けにこだわらない

「引き分けだね」

「私のほうが優れている!」

「私のほうが劣っている…」

この三種類の思考に支配されると、君は相手を言い負かしたくなり、言いがかりをつける。

たとえば、「あなたが途中で邪魔するから、仕事の手順が狂ったじゃない」といったぐあいに、論争をふっかけて、安っぽいプライドを守ろうとする。

そして、お互い気分が悪くなる。

「引き分け」「勝ち」「負け」など無視して、まったく気にしなくなるならば、生意気な態度も言い争いもぱったり消えて、平和が訪れる。

 

「引き分け」「勝ち」「負け」の3種類の思考に支配されると、争いが起こってしまいます。

そして、優越感・劣等感を生み、相手もしくは自分の気分が悪くなるという負のスパイラル。

争いのない、平和な環境の方が生きていて幸せですよね。

 

マーくん
まずは、「引き分け」「勝ち」「負け」の3種類の思考を無視することから始めましょう。

 

言葉⑤争わない

争うこと、競争すること、戦うこと。

そこにはハッピーな人などひとりたりともいやしない。

勝利者が得るのは相手からの恨み。

敗北者はストレスでぐったりする。

ゆえに心を鍛えた人は、勝敗を気にせず、生意気な優越感もなく、グジグジした劣等感もなく、悠々とハッピーに過ごす。

 

4つ目の言葉と似ていますが、やっぱり争うことは幸せを生みません。

「勝利者が得るのは相手からの恨み。

敗北者はストレスでぐったりする。」

この言葉に争うことで起こる全てが表現されています。

 

マーくん
心を鍛え、相手と比べない豊かな人間になりたいですね。

 

created by Rinker
¥1,836 (2018/11/16 06:48:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

「超訳 ブッダの言葉」感想まとめ

この記事では、

僕の人生を変えてくれた本「超訳 ブッダの言葉」を紹介しました。

 

この本では、人生を変えるための「思考のヒント」を得ることができます。

 

紹介した5つの言葉にも、そのヒントは眠っていたと思います。

 

5つの言葉しか紹介できませんでしたが、まだまだたくさんの言葉があり、たくさんの「思考のヒント」を得ることができます。

 

そして、その「思考のヒント」をもとに、人生をより良い方向へと向かわすことができます。

 

「他人と比べて疲れてしまう人」はぜひ読んでみてください。

 

created by Rinker
¥1,836 (2018/11/16 06:48:23時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です