【書評-感想/資本家マインドセット-三戸政和】これからの「生き方、働き方」

好きなことを、好きな人と、好きなようにやる人。

これが本書で語られている「資本家」の定義。

 

資本家マインドセットはこんな人におすすめです。

・サラリーマン以外の生き方を知りたい

・資本家として生きていきたい

・サラリーマンと並行して、別の働き方をしたい

 

この記事では、そんな「資本家マインドセット」の書評をしていきます。

 

資本家は投資家とも経営者とも違う

「資本家」という言葉を聞くと、会社の経営者や莫大な資産を持つ投資家などとイメージをするが、本書ではどちらとも違った存在であると述べられている。

自分の手腕によって会社の事業を成長させ、そこから利益を得るのが資本家だ。

株式投資をして配当を得る「投資家」とも、実際に会社の現場で指揮をとる「経営者」とも違うのである。

 

では、資本家の仕事は何なのであろう。

「お金を生む仕組み」をつくること。

これが本書で述べられている、資本家の1番大事な仕事である。

 

そしてその仕組みの中で、「自分の時間」ではなく「他人の時間」を活用する。

時間は誰にとっても有限だ。1日24時間。1年365日しかない。

しかし同じ1年間で、300万円しか稼げない人もいれば、3億円稼ぐ人もいる。では、3億円稼ぐ人は、300万円の人の100倍動いているのだろうか?

もちろんそんなことはない。300万円の人のほうが3億円の人より長時間働いているようなケースは、世の中にたくさんある。

自分の時間を動かす「足し算」の働き方ではなく、限られたリソースを最大限活用する「掛け算」の働き方、稼ぎ方をするのである。

 

「自分の時間」というもっとも希少性の高い有限な資本を最大限活用するために、「金融資本」「物的資本」、他人の時間という「人的資本」を活用することが、資本家が作るべき「仕組み」なのである。

 

サラリーマンは絶滅する

この言葉を聞いて、「ドキッ」とする人は少なからずいるのではないだろうか。

過労死するほどでなければ、イヤなことくらい我慢できる。それで定年まで、そこそこの給料を安定してもらえるなら、自分はサラリーマンとして生きるので十分幸福。そんな人生計画が、これからの時代には成り立たなくなるのだ。

 

「サラリーマンは必要ない」という主張は、近年よく耳にするが、本書でも同じ内容が理由とともに述べられている。

たとえば自家用車なら、「いつかはクラウン」といった価値観を多くの日本人が共有していた。同質性の高い社会だったわけだ。企業は、同じものを大量に生産しても、つくればつくるだけ売れた。

そういう時代に企業が求めたのが、会社に忠誠心を持って、決まった給料で定年まで猛烈に働いてくれる人材。「生涯サラリーマン」だ。

大量生産・大量消費の時代はとっくに終わっている。いま求められるのは、少品種大量生産ではなく、「多品種少量生産」だ。刻々と移り変わる多様な価値観に合わせて、スピード感を持って次々と新しい商品やサービスを提供しなければならない。

 

このような時代背景を考えたときに、古くからの「サラリーマン」という働き方は、時代に合っておらず、絶滅すると言われているのである。

 

今の組織から出たときに自分には何ができるか

また、世界では「プロジェクトごとにチームを結成する」という働き方が主流になりつつある。

世界では、革新的なプロジェクトを社内の人間だけで進めるのではなく、個別のプロジェクトごとに集められたプロフェッショナル集団によって行うようになっている。

大企業や資本家が資金とインフラを用意し、社員ではない、フリーランスの人間やベンチャー組織など、プロジェクトを実現できる能力を持つ外部の人たちに声をかけて、特命チームを結成する。

 

このようなものが主流となると、サラリーマンという存在はますます不要になってくる。

 

そこで考えるべきことは、会社を離れても提供できる知識やスキルはあるか?ということである。

いまの組織から外に踏み出したとき自分に何ができるのか、どんな価値を生み出せるのか。そこを考えるのが、「サラリーマン絶滅社会」を生き延びるための第一歩だ。

 

このことは簡単なことではないかもしれない。だが、「ひどい」「許せない」と責めても仕方がない。

 

そこで、本書では「副業」に関して、具体的なアドバイスが述べられている。

たとえば、会社で営業マンをやっている人なら、信頼関係で結べばれている顧客が10社や20社はあるだろう。そこに自社の商品だけを売り込むのは、考えてみたらもったいない話だ。どうせ営業に行くのなら、ついでに他社の商品も売ればいい。自社商品と競合する会社のものは問題があるが、副業OKの会社であれば誰も文句は言わないはずだ。

もし本業でコピー機の販売やメンテナンスをやっているのなら、頻繁に訪れる得意先でオフィス機器の管理を担当する責任者と話をする機会も多いだろう。そこで自社商品の説明などをしたあと、「実は私、最近はウォーターサーバーの販売も手がけておりまして」と副業の営業をかけるのは簡単だ。

 

極力時間を使わず、収入が得られる副業は何だろう?そう考えて副業にチャレンジすることは、「お金を生む仕組み」をつくることを仕事にする「資本家」を目指す、格好のトレーニングになるのである。

 

資本家マインドセット10カ条

最後に本書で述べられている「資本家マインドセット10カ条」を紹介する。

 

資本家マインドセット10カ条

・「自分の時間」だけで生きる

・始動前のアイドリングをなくす

・スケジュールを「他人の時間」で埋めない

・そのスーツとネクタイは本当に必要か?

・その名刺は本当に必要か?

・いつまで「定時出社」を続けるのか?

・インパクトの大きいお金の使い方をする

・好きなこと、やりたいことを仕事にする

・「遊び偏差値リスト」をつくる

・声は大きく!

 

この10個をみて、なんとなくイメージのつくものもあれば、何それ?思うものもあると思います。

 

詳しく知りたい方は、ぜひ手に取ってみてください。

 

まとめ

この本では「資本家マインドセット」の書評をしました。

 

時代が大きく変わっていく中で、「働き方」もっと大きく「生き方」を知る上で、参考になることが多い本なのかなと思いました。

 

必要なことがギュッとまとまっており、1時間ほどで読める本となっているので、気になる方はぜひ手に取ってみてください。

 

以上、マーくん(@tottototo777)でした。