【レビュー】革の質感が最高な「L.E.D BITES」のビジネスリュック。

見る、触る、持つ。どんなシーンでも、かっこよく、惚れ込んでしまう革のバッグ。

中でも革のリュックは、ビジネス、カジュアルどちらのシーンでも活躍するので、1つ持っていると重宝します。

 

そして僕は、L.E.D BITESのビジネスリュックを愛用しています。

このL.E.D BITESのリュックは、とにかく革の質感がよく、使うほど「自分のもの」になっていく感覚があり、最高です。

 

僕が持っている型は、おそらく廃盤になっており、公式サイトなどでの販売がないのですが、素晴らしいリュックなのでこの記事でレビューしていきたいと思います。

別の型の革リュックは販売しているので、気になる方はぜひ探してみてください。

メンズにおすすめの黒リュック8選【実際に使ってよかったものを紹介】

9月 1, 2019

 

L.E.D BITES(エルイーディーバイツ)とは

L.E.D BITES(エルイーディーバイツ)とは、日本発の、2001年にリリースされた比較的若いバッグブランドです。

 

「L=Life(生命)」「E=Ecology(環境)」「D=Domestic(自国)」の3つの頭文字を取り「L.E.D」となり、そこに「時代を咬む」の「BITES」を足して、ブランド名が名付けられたそう。

 

リュックだけでなく、トートバッグや財布など、多くの革製品が展開されています。

マーくん
使ってみると作り手のこだわりを感じる。そんなブランドです。

 

L.E.D BITESビジネスリュックの外観

外観はとてもシンプルながらも、「革の良さ」を存分に感じるデザイン。

リュック上部には、L.E.D BITESのロゴが入っています。

 

リュックを上からみるとこのような感じで、収納部分は3つあります。

サイドはこんな感じ。

 

肩紐も革でつくられていますが、裏面はメッシュ素材となっており、「背負いやすさ」の部分でもこだわりを感じます。

 

上の持ち手のところやチャックなどの細部まで、かわいいつくり。

 

背面はメッシュ素地となっており、夏場も安心。

 

細部までこだわり、全体として革の良さを感じる、素晴らしいリュックです。

 

L.E.D BITESビジネスリュックの収納・中身

L.E.D BITESのビジネスリュックは、3つの収納スペースがあります。

リュックの外側にある収納スペースは、このようになっています。

ものを簡単に分けて入れることができるので便利です。

 

メインの収納部分はこんな感じ。

普段僕は、MacBookの12インチがすっぽり入るサイズ感です。もう少し大きいサイズのパソコンでも余裕を持って入れることができます。

 

3つ目の小さめの収納スペースは、リュック上部にあります。

サイズはあまり大きくないですが、コインケースや鍵など、小物を入れるのに便利です。

 

また、中は全体的にL.E.D BITESの文字やロゴが入っている、かわいいデザイン。

 

L.E.D BITESビジネスリュックの大きさ

L.E.D BITESのビジネスリュックは、「小さめだけど、普段使いには不足のない」といった大きさです。

 

実際に背負ってみると、こんな感じ。

 

大きすぎず、背負っていても「ちょうど良い大きさ」と感じる、リュックです。

 

レビューまとめ

この記事では、L.E.D BITESのビジネスリュックのレビューをしました。

 

細部までこだわったつくりでありながら、革の良さを全面に感じるリュック。

この記事で紹介したリュックが廃盤となっていることは悲しいですが、「L.E.D BITESの良さ」は存分にお分かりいただけたと思います。

 

このリュックのほかにも、多くのリュックが展開されています。気になる方は、ぜひ探してみてください。

以上、マーくん(@tottototo777)でした。

メンズにおすすめの黒リュック8選【実際に使ってよかったものを紹介】

9月 1, 2019

ホグロフス「タイトラージ 」レビュー【被ることの少ないスマートリュック】

8月 7, 2019

【ザ・ノース・フェイス VAULT レビュー】見た目も機能性も良いおすすめリュック。

7月 26, 2019

【グレゴリー カバートミッションデイ レビュー 】デザインから機能まで、とにかく最高のリュック。

7月 10, 2019