【行くべし】大阪でキャリアチケットのカウンセリングを受けてきた感想【体験記20卒】

こんにちは。マーくんです。

 

就職活動が本格的に始まろうとする、3回生の1月。

このまま就活を始めるのは不安。。信頼できる人からのアドバイスが欲しい。。などと思う就活生は多いはず。

 

マーくん
僕もそのうちの1人です。

 

そんな不安を抱えていた僕ですが、今回無料で就活相談・サポートを受けることができるサービス「キャリアチケット」のカウンセリング(面談)を受けてきました。

 

相談に行ってみた1番の感想としては「就活生なら迷わず行くべし」です。

 

「迷いがたくさんあるけど、どうすればいいかわからない」という就活生を救ってくれる素晴らしいサービスであることがわかりました。

 

この記事では、「キャリアチケットとは何なのか」「カウンセリングを受けた感想」について書きたいと思います。

 

 

キャリアチケットとは

「キャリアチケット」とは、「ハタラクティブ」を運営している、株式会社レバレジーズが行なっているサービスです。

 

具体的には、カウンセリングや個別の面接対策を通して、内定までの就活支援を一貫して受けることができるサービスです。

 

わかりやすくいうと「転職エージェントの新卒版」です。

 

場所は、首都圏・大阪・福岡の3つの地域で、直接カウンセリングを受けることができます。

 

地方に住んでいる就活生は「電話カウンセリング」を受けることができます。

 

マーくん
僕は今回、レバレジーズの大阪オフィスでカウンセリングを受けてきました。

 

 

キャリアチケットの面談でよかった3つのこと

キャリアチケットのカウンセリングエオ受けてみて「よかったな」と感じたところが3つあります。

 

3つのよかったこと
・完全無料で就活相談ができる

・就活のプロから客観的な意見がもらえる

・やるべきことが明確となる

 

以上の3つです。

 

この3つについて、それぞれみていきます。

 

完全無料で受けることができる

就活生は、キャリアチケットのカウンセリングを完全無料で受けることができます。

 

マーくん
「どうして無料なの??なんか怖い…」と感じる人もいると思います。

 

でも、大丈夫です。

 

転職エージェントも同じですが、エージェント(今回はキャリアチケット)は、企業から報酬(=紹介手数料)をいただくという形でビジネスが成り立っています。

 

実際に、キャリアチケットの紹介経由で入社が決まった場合、その企業からキャリアチケットが成果報酬型の紹介手数料をいただきます。

 

マーくん
「企業からすると成果報酬型でリスクが少なく、就活生からするとプロの支援を受けることができる」というwin-winの関係が成り立ちます。

 

なので、就活生がお金を支払うということなく、このサービスが成り立つのです。

 

当然、内定辞退をすることもできるので、このサービスを使わない手はないですよね。。

 

 

就活のプロから客観的な意見がもらえる

カウンセリングをしてくれるのは、就活に詳しい、プロのカウンセラーの方です。

 

マーくん
僕の場合は、20代後半の女性社員でした!時間は1時間ほど。

 

ESを書いたり、面接をする中で「客観的なフィードバックをもらう」ということはとても重要です。

 

キャリアチケットでは、「客観的なフィードバック」を「プロの視点」から受けることができます。

 

自分の良いところ・足りていないところ・クセなどを理解することができるので、その後の面接にも間違いなく活かせます。

 

また、カウンセラーの方はとても優しく、フランクに話すことができるので、「なんだか緊張する。。」という就活生も安心してカウンセリングを受けることができます。

 

 

やるべきことが明確となる

就活で「これから何をしていけば良いかわからない」という状況は精神的にかなりシンドイです。

 

そのあたりの課題や不安を、キャリアチケットでは解決することができます。

 

具体的に僕の場合は、2週間後の2回目のカウンセリングまでに

・もう少し自分の経験を深掘りする

・自分の理想の将来像をはっきりさせる

・それを元に志望する企業を探していく

ということを行なっていくと自分の中で理解することができました。

 

マーくん
全体的に、考えがまだまだ浅かったです。

 

このように、自分の中でやるべきことが明確となるので、迷いがなくなります。

 

迷いがなくなると、行動に移すことができるようになるので、「やるべきことがわからない。。」という就活生は、1度カウンセリングを受けてみることをオススメします。

 

 

キャリアチケットのカウンセリング感想まとめ

今回は、1回目のカウンセリングということもあって、具体的な就活対策というよりは、僕という人間を見てくれているというような印象でした。

 

2週間後には、2回目のカウンセリングがあり、その後も複数回あります。

 

ただ、大事なことは、「カウンセリングを受けてから自分がどうするか」ということです。

 

キャリアチケットだけに依存しては、他力本願となり危険です。

 

「プロに相談することができる場」「面接練習をする場」「新しい求人を探す場」など自分なりに目的を持ってキャリアチケットのカウンセリングを受けましょう。

 

僕も、力を借りつつ、就活を進めていきたいと思います。では!