サブウェイ野菜の種類・増減について【店員が解説】

こんにちは。マーくんです。

この記事では、店員である僕が、サブウェイの野菜の種類・増減、知っていると得することについて解説していきます。

 

サブウェイの野菜は全部で8種類

サブウェイの野菜は、基本野菜の4種類、アクセント野菜4種類の計8種類の野菜があります。

 

基本野菜は下の4種類。

アクセント野菜は下の4種類。

美味しくたくさんの野菜を摂ることができます。

[box class=”pink_box”]※ホットペッパーは、かなり辛いので、辛いものが苦手の方は注意してください。[/box]

 

サブウェイ野菜の増減について

次に野菜の増減についてみていきます。

サブウェイでは基本野菜の4種類、アクセント野菜の4種類全ての野菜の量を無料で増減することができます。

野菜は好き嫌いが分かれるものですし、どれくらい入れるかによって満足感もかなり変わってくるので、かなり良いサービスだなと、店員ながらに思います。

 

野菜の増加について

まずは野菜の増加について。

こちらのサンドイッチは全ての野菜を「多めに」作っています。

 

基本的にサブウェイでは、野菜の増加は2段階あります。

[box class=”white_box”]・多めに入れてもらう

・上限まで入れてもらう[/box]

 

野菜を「多め」でお願いすると野菜の量が1.5倍となります。

レタスだと20gから30gに、トマトだと2枚から3枚へというようになります。

 

これはアクセント野菜である、ニンジン・ピクルス・オリーブ・ホットペッパーでも適用可能です。

 

注文するときに店員さんから「野菜は全てお入れしてよろしいですか?」と質問されます。

そのときに入れる野菜と一緒に「野菜多めにお願いします」と言ってみましょう。そうすると野菜を多めに入れてくれます。

 

また、野菜を1種類だけ増加することもできます。

「レタスだけ多めにしてください」と注文すると、レタスだけが1.5倍となります。

好みやお腹の空き具合で色々試してるのがおすすめです。

 

次に、野菜を上限まで入れてもらうと、野菜の量が2倍になります。

「上限」と言っているように、サブウェイのサンドイッチで野菜を入れることができる限界の量です。

こちらは上限まで入れてもらったえびアボカド。かなり野菜が多くて、サンドイッチが閉じません。

 

レタスだと20gから40gへ、トマトだと2枚から4枚へと増えます。

 

倍の野菜を楽しむことができるので、より満腹感を楽しみたい方、野菜をできるだけいっぱい摂りたい方にとっておすすめのサービスです。

 

野菜の減少について

次は野菜の減少についてみていきます。

 

サブウェイでは増加と同様、全ての野菜の量を減少することができます。「中には野菜は全てなしで」と注文されるお客様もいます。

 

小食で全て食べることができるか不安な方、ダイエット中だけどサンドイッチを食べたい方は野菜を減少するのがおすすめです。

サブウェイの野菜まとめ

この記事の内容をまとめると下の通りです。

[box class=”white_box”]

・サブウェイの野菜は、基本野菜が4種類

・アクセント野菜が4種類

・全ての野菜を無料で増減することができる[/box]

 

サブウェイの野菜についてお分りいただけたかなと思います。ぜひ「野菜上限まで!」と注文してみてください。

 

おすすめサンドイッチ

[kanren2 postid=”22,17,15″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました