結局 最強な食べ物

 

こんにちは!

 

みなさん、最強な食べ物ってなんだと思いますか?

 

なんだよいきなり‥‥

ってなると思いますが

僕は昔からずっと最強だと思っている食べ物があります。

 

それはバナナです。

 

 

僕は昔からバナナが大好きで、ここ3年間くらいは

本当に毎日食べています。

多い日には1日3本くらい食べています。

(食べすぎると糖質の取りすぎになるので1日3本は食べない方がいいです)

 

僕はバナナは美味しくて、腹持ちがいいから毎日食べているのですが、

よく調べて見たらバナナはめちゃくちゃ体にいいことが判明。(なんとなく良さそうですよね)

 

なので、今回はバナナがおすすめな理由を紹介したいと思います。

 

 

おすすめ① 美味しくて腹持ちがいい

これは、僕が食べている1番の理由です。

シンプルに美味しい。

最近コンビニなどで1本100円のバナナが売っていますよね。

普通に考えて1本100円のバナナって高いです。高級バナナです。

ですがその分、味が普通のバナナより格段に美味しくて、大きいです。

2本分くらいの大きさがあります。

個人的にはファミマのバナナがオススメです。

 

そして腹持ちがいいんですよね。

 

バナナは1本85キロカロリーほどあり、

これはご飯お茶碗半分くらいの量に相当します。

 

あ〜なんか 小腹が空いたな〜っていうときにはバナナは最高です。

1分もあれば食べれるし手も汚れません。

 

 

おすすめ②美容効果がある

美容効果というと女性の方にとっては朗報です。

 

どんな成分が入っているかを具体的に見てみると

ビタミンB2 にんじん約2/1本分

  役割:健康な肌や髪を作り、肌の新陳代謝をあげる

ビタミンB6 納豆約3パック分

  役割:肌荒れ予防、肌の潤い・弾力を保つ

ポリフェノール 板チョコ約1枚分

  役割:肌の酸化予防

 

こんな感じて肌に良い成分がたくさん入っているんですね。

もちろん、バナナを食べているだけで肌が綺麗になる!なんてことはないですが、

日常にうまく取り入れていくことで美容効果が期待ができます。

 

おすすめ③ダイエット効果がある

ダイエット効果があるということも惹きつけられるポイントの1つです。

 

 ダイエット効果の期待できる成分を見てみると、

カリウム りんご約3個分

  役割:利尿作用でむくみを解消

食物繊維 レタス約4/1個分

  役割:コレステロール抑制効果、便秘予防

 

こんな感じでバナナには体のむくみをとってくれたり、

腸内環境を整える働くがあります。

 

おすすめ④幸せになる

いや、どういうことだよってなるかもしれませんが

これにはちゃんとした根拠があるのです。

 

人間には、幸せホルモンと呼ばれているセロトニンが分泌されています。

セロトニンにはドーパミンやノルアドレナリンなどの感情的な情報をコントロールし、精神を安定させる働きがあります。

 

そのセロトニンを体内で分泌させるためには

とても重要な3つの物質が必要となります。

 

その3つの物質とは、

必須アミノ酸の一種であるトリプトファン

トリプトファンからセロトニンを合成するのに必要なエネルギー源である炭水化物

トリプトファンからセロトニンを合成するのを促進させるビタミンB6

です。

 

ここで重要なことは、

トリプトファンは体内で生成することができないということです。 

つまり、食べ物から摂らないといけないのです。

 

トリプトファンはタンパク質に多く含まれており、

大豆や乳製品、卵などから摂ることができるのですが、

バナナからも摂ることができます。 

 

そして嬉しいことに

バナナにはトリプトファン以外の2つである

炭水化物とビタミンB6も含まれているんです。

 

つまり、バナナ一つでセロトニンアップが期待できるのです。

こんな嬉しいことはないですよね。

 

 

騙されたと思って何日かバナナを食べてみてください。

もしかしたら、今よりもっと幸せになれるかも…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です